須坂新聞WEBサイト 中3卒業生に贈る「須坂の給食レシピ」
須坂新聞
今日は何の日
3月27日(月)
●さくらの日
日本さくらの会が1992(平成4)年に制定。3×9(さくら)=27の語呂合わせと、七十二侯のひとつ「桜始開[さくらはじめてひらく]」が重なる時期であることから。日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深める日。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
中3卒業生に贈る「須坂の給食レシピ」(2017.03.18)

 須坂市学校給食センター(滝沢学所長)はこのほど、今春卒業する市内の中学3年生(524人)に手作りのレシピ集「須坂の給食レシピ」(A4判10ページ)を贈った。

 9年間親しんだ学校給食の思い出になれば―と、汁物、主菜、副菜の計15品を厳選して、まとめた。
 学校で給食を食べた回数は、小学校入学以来およそ1,800回。学校では給食の時間を楽しみにしていた生徒も多いはずだ。その給食とも、中学卒業と同時に別れを告げることになる。
 レシピ集の巻頭には、「旅立ちの日に」と題し、〝食べるということは、自分の身体を作ること、自分の心を育てること〟とするセンターからのメッセージを掲載。献立は、ささみと春雨のスープ、スタミナ納豆の具、さきいかとごぼうのサラダなど、これからも食べてほしい献立を中心に選んだ。また子どもたちから要望がありながらも、現時点の給食施設では作ることができなかった揚げパンのレシピも、〝おまけ〟として6種類紹介した。
 高橋和子栄養教諭は「私たちが生きていくために大切なことは、食べること。卒業したらぜひ、自分で作ってほしい」と話している。

 

TOPへもどる