須坂新聞WEBサイト 【須坂みんなの花火大会】7月23日に百々川河川敷で~30回記念、協賛金に協力を
須坂新聞
今日は何の日
8月18日(金)
●高校野球記念日
1915(大正4)年、大阪の豊中球場で第1回全国中等学校優勝野球大会が開会。全国73校から地区予選を勝ち抜いた10校が参加し、京都二中が優勝。第10回から会場が甲子園球場になり、学制改革により1948(昭和23)年から全国高校野球選手権大会と名称を変更。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂みんなの花火大会】7月23日に百々川河川敷で~30回記念、協賛金に協力を(2017.06.10)

 須坂市花火大会実行委員会(実行委員長=神林章須坂商工会議所会頭)は7月23日(日)に百々川河川敷で開く30回記念の「須坂みんなの花火大会」に向けて、協賛金の振込用紙付きのチラシを市報5月号に折り込む形で市内全世帯に配布した。

 市民からの協賛金は、振込用紙では今月19日、各所に設置した募金箱では今月30日まで受け付けており、実行委員会では大勢の人たちの協力を呼び掛けている。
 協賛金は事業所、市民(振込用紙または募金箱)、街頭募金活動、メッセージ花火の4種類。6月5日現在で約500万円集まっているが、予算では協賛金総額を30回記念として例年より上積みした700万円と見込んでおり、さらなる資金調達が必要な状況にある。
 このうち、市民の振り込みによる協賛金は26件・122,000円が寄せられ、「毎年楽しみにしています。須坂を盛り上げていきましょう」「これからもがんばって続けてください」などのメッセージが添えられている。
 街頭募金は4月16日に桜満開の臥竜公園、6月3日に「もったいない市」の旧上高井郡役所で行い、計29,120円が集まった。今後は7月22日の須坂カッタカタまつりなどで実施予定という。
 また、誕生・結婚・入学・創業、家族の健康、故人の追悼などのメッセージ花火には5件・75,000円の申し込みがある。
 協賛金(1口1,000円、何口でも可。10口以上で希望により協賛者名簿に掲載)の応募方法は▽市内金融機関窓口からの振り込み(いずれも振込手数料はかからない)▽募金箱への協力(須坂商工会議所・市役所・中央公民館・各地域公民館・メセナホールなどに設置)▽現金書留(郵送料は自己負担)による協力―などがある。
 実行委員会では「節目の大会として、できるだけ多くの花火を打ち上げて須坂を元気にしたい。5,000円以上の個人の協賛者には有料駐車場の無料券を進呈しています。ご協力をお願いします」と呼び掛けている。
 また、メッセージ花火(会場で提供者と20文字程度のメッセージを放送)は19日まで5号玉1発15,000円、7号玉1発30,000で募集している。
 問い合わせは須坂商工会議所内の実行委員会事務局☎026-245-0031まで。

 

TOPへもどる