須坂新聞WEBサイト 【須坂市議会】市農業委14人任命に同意~定数変更、農地最適化委を新設
須坂新聞
今日は何の日
11月21日(火)
●フライドチキンの日
1970(昭和45)年、名古屋市郊外に日本ケンタッキー・フライド・チキンの第1号店がオープンしました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂市議会】市農業委14人任命に同意~定数変更、農地最適化委を新設(2017.07.08)

 須坂市の三木正夫市長は5日、任期満了に伴う市農業委員14人を任命する人事案を市議会に提出し、同意を得た。

 任期は7月20日から3年。市農業委員会は20日に臨時総会を開いて役員などを決める。
 農業委員の選出方法はこれまで、公選制と市町村長の選任制を併用していたが、農業委員会法改正により、昨年4月から市長が議会の同意を得て任命することになった。市長が地域や農業団体などから候補者の推薦や公募を受けて、議会に提案した。
 なお、市農業委員の定数はこれまでの21(現在欠員4)から14に変更した。
 また、法改正により、農地の集積・集約化や耕作放棄地の防止・解消など「農地利用の最適化の推進」が必須業務に位置づけられ、農業委員とは別に各地域でそれらの現場活動を積極的に行う「農地利用最適化推進委員」が新設された。市の農地利用最適化推進委員は定数7で、24日に農業委員会が委嘱する予定。

 

TOPへもどる