須坂新聞WEBサイト 【峰の原】連日にぎわう距離コース~過去最高の昨年並み見込む
須坂新聞
今日は何の日
8月18日(金)
●高校野球記念日
1915(大正4)年、大阪の豊中球場で第1回全国中等学校優勝野球大会が開会。全国73校から地区予選を勝ち抜いた10校が参加し、京都二中が優勝。第10回から会場が甲子園球場になり、学制改革により1948(昭和23)年から全国高校野球選手権大会と名称を変更。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【峰の原】連日にぎわう距離コース~過去最高の昨年並み見込む(2017.08.05)

 高校や大学などが夏休みシーズンに入り、標高約1,500mに位置する冷涼な峰の原高原クロスカントリーコースは、連日、部活の合宿などで訪れた多くのランナーでにぎわっている。

 昨年は過去最高の年間17,566人の利用があり、同コースを管理する維持管理組合では、今年も昨年並みを見込んでいる。
 同コースは1周2kmの芝生コースなどを備えている。高地で、起伏もあることから、心肺機能や筋力強化などを目的に、年々、利用者が増えている。昨年はことしの箱根駅伝に出場した大学20校のうち、優勝校を含む11校が同コースを利用したという。
 2日は午前中から200人以上が訪れて、走り込みをするなどしていた。生徒5人を指導する国学院久我山高校(東京都)陸上部の山口茉莉コーチ(21)は「伝統で毎年利用している。秋に向けての持久力強化が目的。芝生で足に優しく、長い距離の上り坂と下り坂があるので、いいトレーニングになる。東京にこれだけのコースはない」と話していた。
 今週末以降、大学の駅伝部の利用が増えるという。

 

TOPへもどる