須坂新聞WEBサイト 【峰の原クロカンコース】全天候型コース整備着手~混雑緩和や利便性向上に
須坂新聞
今日は何の日
12月12日(火)
●漢字の日
日本漢字能力検定協会(漢検)が1995(平成7)年に制定。「いい(1)じ(2)いち(1)じ(2)」(いい字1字)の語呂合わせ。毎年、その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字」を全国から募集し、この日に京都の清水寺で発表されます。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【峰の原クロカンコース】全天候型コース整備着手~混雑緩和や利便性向上に(2017.08.11)

 須坂市はこのほど、峰の原高原クロスカントリーコースの増設工事に着手した。

 既存コースの周囲に、新たに1周2kmの全天候型コースを整備する。本年度中の完成を目指す。
 全天候型コースは、既存コースにほぼ沿った形で設ける。幅3mで、ゴムチップ弾性舗装。透水性に優れ、雨天時でも足下をあまり気にせず利用できるという。同コース整備に合わせて、既存コースの一部もルート改修する。
 峰の原高原クロスカントリーコースは、市が一般財団法人仁礼会から無償貸与を受けた土地約102,000平方メートルに、平成15年に整備した。芝生コースで1周2km、幅6m。更衣室やシャワー室、休憩室などのある管理棟なども備えている。指定管理者の維持管理組合が管理している。
 利用者数は増加傾向にあり、市商業観光課によると、昨年は平成16年の3倍以上の延べ17,566人で、過去最高だったという。
 夏場は学生の合宿などで利用者数が多く、飽和状態にあることから、混雑緩和や事故防止、雨天時でも利用できるようにするため、全天候型コースを整備することに。
 工事費は約2億3,000万円。国の交付税措置率8割の辺地債を全額充てる。設計は明和測量設計、施工はマツナガ建設。
 市商業観光課では「評価が高まり、利用者が増えているので、利便性を良くして、より多くの方に利用してもらえるようにしたい」としている。

 

TOPへもどる