須坂新聞WEBサイト 須坂でたこ揚げフェス~小学生ら100人が参加
須坂新聞
今日は何の日
12月12日(火)
●漢字の日
日本漢字能力検定協会(漢検)が1995(平成7)年に制定。「いい(1)じ(2)いち(1)じ(2)」(いい字1字)の語呂合わせ。毎年、その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字」を全国から募集し、この日に京都の清水寺で発表されます。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
須坂でたこ揚げフェス~小学生ら100人が参加(2017.11.25)

 須坂景観づくりの会は19日、須坂小を会場に、たこを作って揚げるイベントを開いた。

 小学生や園児、保護者ら約100人が参加して、六角凧(だこ)に絵を描き、大空に揚げて楽しんだ。
 子どもたちがたこ揚げをする機会が減っていることから、体験してもらおうと企画した。日本の凧(たこ)の会会員の小笠原昭衛(しょうえい)さん(新潟県)と長谷川浩一郎さん(長野市)を講師に行った。
 参加者は15班に分かれて、あらかじめ同会員が竹骨と紙で製作し、景観づくりの会が動物の下絵を描いた六角凧(縦110cm、横90cm)に、絵の具で色を塗った。乾いてから、竹骨の両端を糸で結んでたこを反らせて完成させた。
 子どもたちは講師の2人や保護者に教えてもらいながら、グラウンドでたこ揚げに挑戦した。程よい風が吹いていたが、最初はなかなかうまく揚げられずにいた。徐々にコツをつかみ、うまく風に乗せて揚がると「高く揚がった」などと歓声を上げていた。
 須坂小4年の阿部優大(ゆうた)君は「難しかったけど、揚がって良かった。たこ揚げはお父さんと1回やったことがあるぐらい。みんなで一緒に作って面白かった」と話していた。
 小笠原さんは「面白さが伝わり、遊びながら伝統を受け継いでもらえれば」と話していた。小笠原さんは、24畳のたこを戦わせる新潟県指定無形民俗文化財「白根大凧合戦」の元協会理事で、約60年間たこ作りをしている。各地の大会に参加したり、子どもたちにたこ作りを教えるなどもしている。

 

TOPへもどる