須坂新聞WEBサイト 日台の美大生が高山村PR~STVが台湾でプロモーション
須坂新聞
今日は何の日
12月12日(火)
●漢字の日
日本漢字能力検定協会(漢検)が1995(平成7)年に制定。「いい(1)じ(2)いち(1)じ(2)」(いい字1字)の語呂合わせ。毎年、その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字」を全国から募集し、この日に京都の清水寺で発表されます。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
日台の美大生が高山村PR~STVが台湾でプロモーション(2017.12.02)

 須坂市北横町の須高ケーブルテレビ(STV、丸山康照社長)が取り組む台湾向けのプロモーション事業の一環で、同社や高山村などの関係者20人が11月24、25日、台湾を訪れた。

 初日に、日本と台湾の大学生が高山村をテーマに制作した観光ポスターやワインラベルの説明を聞き、翌日は、台北市で誘客イベントを開いて北信濃の魅力を発信した。
 総務省の「放送コンテンツ海外展開助成事業」として実施。「ワイン」と「アート」をキーワードに2本の番組を制作し、現地で放送することなどで誘客を図る狙いだ。
 学生によるポスターなどの制作は、番組の一つ「芸術ガールがつなぐ日台交流~信州高山村」の企画。同社や高山村と産学官連携を続けている女子美術大(東京)の4人と、国立台湾芸術大の3人が、それぞれの専門分野を生かした表現で計16作品を制作した。
 共同制作したワインラベルは、1人1本ずつデザインを考案。独立したデザインとしてだけでなく、7本を横に並べると山の稜線がつながるアイデアを盛り込んだ。
 また、台北駅構内で開いた誘客イベントでは、高山村産ワインの試飲やパンフレット配布などでPR。学生たちの作品も展示した。
 同社担当の岩下正志さん(36)は「企画を通して台湾人の目線で高山村を表現してもらい現地でPRできたのは新しい手法になったのではないか。実際に台湾芸大の学生が高山村に足を運ぶきっかけもつくれた」と話していた。
 なお、番組「芸術ガールが―」は12月24日に台湾の地上波放送局で放送予定。既に10月15日には、高山村や須坂市、飯綱町のワインなどの魅力を紹介する番組「世界が注目する北信濃ワインの旅」を放送した。

 

TOPへもどる