須坂新聞WEBサイト 「ほのぼの川柳」で人気投票~年間大賞に久保田清さん
須坂新聞
今日は何の日
1月23日(火)
●電子メールの日
電子メッセージング協議会(JEMA)が1994(平成6)年に制定。「1(いい)23(ふみ)」(いい文・E文)の語呂合わせ。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
「ほのぼの川柳」で人気投票~年間大賞に久保田清さん(2018.01.01)

 市立須坂図書館と須坂新聞社の合同企画、「ほのぼの川柳ほくしん流」は2カ月に1回ずつ「お題」を決めて一般の部とジュニアの部(小学生以下)で作品を募集。現在は第12回「一」を下記の要項で受け付けている。

 奇数月10日を締め切り日として集計、毎回5点を優秀賞に選び、それぞれに寸評をつけて発表している。このほど、同図書館が一般の部について第4回~第10回の各優秀賞作品を掲示、来館者に面白い作品の人気投票をしてもらった。
 その結果、最多得票を獲得した2017年の「年間大賞」には久保田清さん(千葉県松戸市在住、高山村紫出身)の「妻和牛オレは鰯か猫はトロ」、2~3位の「準大賞」にはライポ君の「オレオレとワシにもかかるサギの声」と、えとの「にしどしだ酉年なのよバカ息子」が選ばれ、以下、次のような投票結果になった(寸評は上位3点を掲載)。
 市立須坂図書館と須坂新聞社では今回を皮切りに毎年の本紙元旦号で年間大賞を発表します。企画を始めて2年、応募も増え、皆さんに喜んでいただいております。皆さん、大いに笑って、大いに応募してください。ペンネームもOKなので、本名が分かることなく応募できます。お気軽にご参加ください。

 

TOPへもどる