須坂新聞WEBサイト 竜の里マラソン実行委が今年からハーフ導入~ 名称は「信州須坂ハーフマラソン」
須坂新聞
今日は何の日
1月23日(火)
●電子メールの日
電子メッセージング協議会(JEMA)が1994(平成6)年に制定。「1(いい)23(ふみ)」(いい文・E文)の語呂合わせ。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
竜の里マラソン実行委が今年からハーフ導入~ 名称は「信州須坂ハーフマラソン」(2018.01.13)

 須坂市の竜の里須坂健康マラソン全国大会実行委員会は先ごろ、今年の第30回大会(10月21日開催)からハーフマラソンを導入することを正式決定した。

 合わせて、大会名称を「信州須坂ハーフマラソン」とすることも決めた。
 ハーフマラソンのコースは、これまでの北信濃くだもの街道に加えて、中心市街地の蔵の町並みなどを走る。参加費は5,000円の予定。4月下旬から募集を開始する考え。
 これまで同大会は、2.5km~15kmとウオーキングを行っていたが、ハーフマラソン導入に伴い、距離の変更を検討している。
 大会名称は実行委員会で考案した「信州須坂けんこうマラソン」「信州須坂フルーツマラソン」「信州須坂ハーフマラソン」に、市内の中高校生から提案のあった「信州須坂くらまちマラソン」を加えた4案を候補とし、選考の参考にするため第29回大会参加者や、一般から投票を受け付けた。
 事務局の市生涯学習スポーツ課によると、「信州須坂くらまちマラソン」が116票で最も多かったが「コースの大半が北信濃くだもの街道を走り、『ハーフマラソン』を前面に出した方が参加者に分かりやすい」とのことで、「信州須坂ハーフマラソン」に決まったという。
 同課では「これを機に、より多くの人に親しんで、参加してもらえる大会にしたい」としている。同課スポーツ振興係☎026-248-2020。

 

TOPへもどる