須坂新聞WEBサイト 【須坂市】21年度末目安に実現目指す~大規模開発計画
須坂新聞
今日は何の日
4月23日(月)
●サンジョルディの日・世界本の日
日本書店組合連合会、日本カタロニア友好親善協会などが1986(昭和61)年に制定。スペイン・カタロニア地方には、この日に、守護聖人サン・ジョルディを祭り、女性は男性に本を、男性は女性に赤いバラを贈る風習があります。この日は「ドン・キホーテ」の作者セルバンテスの命日でもあるため、スペインでは「本の日」とされています。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂市】21年度末目安に実現目指す~大規模開発計画(2018.02.03)

 須坂市は、31日にシルキーホールで開かれた信州須坂産業活性化戦略会議で、井上の大規模開発計画(大型商業施設、流通団地、産業団地)の進捗(しんちょく)状況について説明した。

 地域未来投資促進法に基づいて進めるため市と県が国に申請した基本計画が、先ごろ同意されたことを受けて、2021年度末ごろを目安に開発計画の実現を目指す考えを示した。
 基本計画の期間は22年度末で、それまでに同計画に数値目標を盛った経済的効果が現れるようにしなければならない。
 滝沢健一まちづくり課長は「22年度末に(大型商業施設などが)できたのでは目標が達成できない。達成可能なスケジュールで開発ができるように進めていきたい」と説明した。
 今後は、市が開発計画地約46haの開発に向けた土地利用調整を可能にするための「土地利用調整計画」を、進出を希望する民間事業者が事業内容などを示した「地域経済牽引(けんいん)事業計画」を作成し、それぞれ県に申請する。
 市は基本計画について、特定の一事業者だけを誘致、支援するためのものではないとし、三木正夫市長は「開発業者が、地域経済牽引事業計画をつくる事業者に声をかけている状況。その事業者から希望があって須坂市に進出したいと言っているわけではない。企業として採算がとれるかどうかという判断が、最終的には重要になる」と話した。

 

TOPへもどる