須坂新聞WEBサイト 郷土料理の師範に認定~須坂市食生活改善推進協議会の4人
須坂新聞
今日は何の日
2月21日(水)
●漱石の日
1911(明治44)年、文部省が夏目漱石に文学博士の称号を贈りましたが漱石は辞退しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
郷土料理の師範に認定~須坂市食生活改善推進協議会の4人(2018.02.10)

 食文化の継承などを目的に一般財団法人日本食生活協会が28年度に新設した資格「郷土料理スペシャリスト(師範)」にこのほど、須坂市食生活改善推進協議会の会員4人が認定された。

 食生活改善推進員として積み重ねてきた数々の経験と、郷土料理に対する思いをこれからの活動に生かしていく。
 第1期で中山美栄子さん(74、仁礼町)、第2期で涌井美代さん(82、相之島町)、冨沢万寿子さん(74、野辺町)、黒沢勝江さん(74、屋部町)が認定された。
 食生活改善推進員として5年以上の活動歴がある人が対象(3年目からは公募)。指定された郷土料理3品と、その他に作ることができる郷土料理2品のレシピ、写真、由来を個々に記入し、審査を受けた。
 長野県の指定料理は「謙信笹寿司(1期)」「おやき」「やしょうま」「五平餅」。4人がその他の2品に選んだのは「ニラせんべい」「こねつけ」「干し飯(ほしい)」「いもなます」。示し合わせたわけではないが、身近な郷土食としての思いはほぼ一致した。
 師範となって今後、中山さんは「さまざまな場所で若い人にも触れ、郷土食を伝えていきたい」、涌井さんは「北信だけでなく、長野全体の郷土料理も研究したい」、冨沢さんは「郷土食はとても大事だということを、地域全体で共有できれば」、黒沢さんは「昔から伝わる行事食の意味、食べ方を子どもたちに体験してほしい」と意欲を見せた。
 郷土料理スペシャリストは全国で計89人。認定により、有償講師としてなど活動の幅が広がる。

 

TOPへもどる