須坂新聞WEBサイト 米持から奈良平安の集落7軒と石帯に付ける丸鞆検出~須坂市教委調査で
須坂新聞
今日は何の日
7月18日(水)
●光化学スモッグの日
1970(昭和45)年、東京都杉並区で日本初の光化学スモッグが発生しました。立正高校で体育授業中の生徒が突然目の痛みや頭痛などを訴えて倒れ、40数人が病院へ運ばれました。東京都公害研究所は車の排気ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)が紫外線によって有毒な物質に変化して起こる光化学スモッグと断定しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
米持から奈良平安の集落7軒と石帯に付ける丸鞆検出~須坂市教委調査で(2018.04.14)

 須坂市教委は3月2日~4月2日、米持木瓜原(ぼけはら)地籍で宅地造成に伴う発掘調査をした。

 宅地内道路部分から8~9世紀(奈良・平安時代)とみられる集落遺跡が検出した。幅・奥行き共に5~6mの竪穴住居7軒を確認。付近からは律令国家の下級役人が腰に締める石帯(せきたい)に複数付ける「丸鞆(まるとも)」と呼ばれる円形の石の一部が検出した。
 須坂市内では初。丸鞆は、かまぼこの断面のような形。欠けているが、全体は縦2.5cm、横3.4cm。黒い粘板岩か。裏側にくくり穴が2カ所開いていることから、3点で革製帯(石帯)に固定したものか。出土の深さは地表から30~50cm下の住居跡近くから。
 調査に当たった田中一穂生涯学習スポーツ課学芸員は「丸鞆はムラの長(おさ)で高井郡の役所(郡家か出先か)へ出勤する人が所持していたのでは。平安京から米持にもたらされた束帯(当時決められた役人の服装)の一部とみられるが、どんなルートで伝わったものか。住んでいてたまたま落ちたのでは」と推定する。
 調査範囲は幅6m、延長50mの道路部分と浸透升に当たる部分の合計約360平方メートル。
 調査地点は、10世紀に作られた『和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)』(百科事典)に記される高井郡稲向(いなむき)郷の中心地の一部とみられる。
 検出住居跡のうち、4カ所(4軒)からはかまど跡が出た。丸い河原石を両側に組み、上部に平らな石を載せたようだ。
 かまど跡の周辺には使用した土器(土師器=はじき=、須恵器)の破片と、下に焼土(赤い土)が見られた。土師器(茶わん)片の特長から「平安時代の初めころ(820~830年)か」(学芸員)
 最も南のかまどのたき口の底部からは、土師器(かめなど)の破片を敷き詰めたとみられる跡が出た。「土器を再利用してたき口に意図的に敷き詰めている。長く火を受けたためか土器片に劣化が見られる。類例が今後市内で見つかることを期待したい」(同)
 暴れ川の百々川と鮎川に挟まれた地域だが「調査では洪水の影響は小さかった。竪穴住居は20~30年で使えなくなり、建て替える必要があるので土器はそのまま残していったのか」と想像する。
 発掘調査には1日最多15人が関わった。

 

TOPへもどる