須坂新聞WEBサイト 「元気に育て!」高甫小4年生が卵から育てたイワナ稚魚を鮎川に放流
須坂新聞
今日は何の日
7月18日(水)
●光化学スモッグの日
1970(昭和45)年、東京都杉並区で日本初の光化学スモッグが発生しました。立正高校で体育授業中の生徒が突然目の痛みや頭痛などを訴えて倒れ、40数人が病院へ運ばれました。東京都公害研究所は車の排気ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)が紫外線によって有毒な物質に変化して起こる光化学スモッグと断定しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
「元気に育て!」高甫小4年生が卵から育てたイワナ稚魚を鮎川に放流(2018.05.12)

 高甫小の4年生(30人)と高甫地域づくり推進委員会(宮川剛房会長、20人)は8日、自然体験と命の学習の一環で、魚卵から飼育したイワナの稚魚46匹を下八町の上橋下付近で鮎川に放流した。

 体長約3cmほどのイワナを一匹ずつ入れたコップから川の流れにそっと移し、勢いよく泳ぐ姿を見送った。
 放流前のあいさつで児童代表の鈴木明泉(あずみ)さんは、「成長してくれてうれしいけど、放流するのはちょっとさびしい。でもきれいな鮎川で元気に育ってほしい」と願いを読み上げた。
 千曲川漁業協同組合の戸谷吉一さんの説明の後、コップを傾け放流した渡辺修矢君、冨沢海翔君は大きな声で「元気に生きてよー」「でっかくなれよー」。佐藤美月さんは「水槽の水の入れ替えやえさやりは大変だったけど、鮎川に放せてよかった」と話した。
 同校では毎年3年生が高甫地域づくり推進委員会の協力で、鮎川遊びやホタル学習などを行っている。イワナの飼育・放流はそうした自然体験を発展させ、継続的に地域の環境保全や命について考える活動にしたい―という名取秀樹・前校長(現長峰中校長)の願いと、推進委員会(昨年度会長=宮城清さん)の思いが合致した事業。呼び掛けに応じた千曲川漁業協同組合が昨年12月、魚卵200粒と地下水の定期的な提供を快諾した。また古谷秀夫組合長らのアドバイスを受けながら、現4年生が水槽で飼育に取り組んできた。
 イワナの飼育は学校、地域としても初めての取り組み。その上、清流ではなく水槽で、2日に1度の水の入れ替え、1日3度の餌やり。何もかもが手探り状態だったが、担任の小林志津代教諭は「何とか1人1匹ずつ放流できて良かった」とほっとした様子。黒岩校長は、放流したイワナが流れに逆らい泳いでいった姿を例に「みんなもイワナのようにたくましく育って」と呼び掛けた。推進委員会・小委員会「高甫の自然事業」主任の丸田孝雄さん(下八町)らも、子どもたちの喜ぶ顔に安堵していた。
 名取前校長は本紙の取材に「子どもの頃から遊び親しんだ高甫の川、自然を大人になっても忘れないで」とのメッセージを寄せた。
 推進委員会は今後、イワナ学習の成果などを踏まえ、継続が可能か、放流場所は適切か―といったことなどについて学校と連携し、検討していくという。

 

TOPへもどる