須坂新聞WEBサイト 【旧須商同窓会】母校メロディー後世に~校歌や応援歌などCDに
須坂新聞
今日は何の日
6月19日(火)
●京都府開庁の日
京都府が1985(昭和60)年に制定。1868(慶応4)年閏4月29日(新暦6月19日)、京都府が開設されました。王政復古の4か月後のことで、日本ではじめての地方自治体でした。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【旧須商同窓会】母校メロディー後世に~校歌や応援歌などCDに(2018.06.02)

 旧須坂商業高校同窓会は、昨年3月に閉校した同校の校歌や応援歌、凱歌(がいか)を収録したCDを作った。

 これまで公式の音源がなかったことから、母校のメロディーを後世に残したかったという。
 同窓会が閉校に向けて取り組んだ記念誌の発行や記念碑の建立、音楽祭の開催などと同じ記念事業の一環として製作。ことし1月から準備を進め、このほど完成した。
 CDは校歌、応援歌1~4、凱歌の計6曲(すべてカラオケ付き)入り。歌はプロ合唱団の東京混声合唱団が担当している。CDジャケットには新旧校舎の写真を使い、楽譜付きの歌詞カードなどにもこだわった。
 5月27日はスザカ迎賓館でお披露目会を開き、旧同窓会の正副会長や、製作に協力した教諭が出席して完成を祝った。CDを聴きながら校歌などを歌い、懐かしい青春時代に思いをはせていた。
 副会長を務めた一人、広瀬雅代さん(53、須坂市亀倉町)は「当時の情景がよみがえり、友達の顔も浮かんできた。厳しかった応援練習も懐かしい思い出。娘も須坂商業の卒業生なのでCDを聴かせてあげたい」。
 最後の同窓会長を務めた荒井清治さん(74、須坂市下八町)は「CDとして形に残すことができてうれしい」と喜び、「当時は当たり前のように歌っていた校歌だが、今だからこそ校歌に込められた思いを強く感じることができる」とかみしめていた。
 同校は須坂園芸高校との再編統合により、現在は須坂創成高校(2015年4月開校)に伝統が受け継がれている。
 CDは300枚製作。希望者には1枚税込み500円で頒布する。頒布方法は郵便封書が原則。住所、氏名、電話番号を明記し、700円分(郵送料含む)の定額小為替を入れて荒井さん宛て(〒382-0043 須坂市下八町2082-1)に送る。問い合わせは荒井さん☎026-246-3578へ。

 

TOPへもどる