須坂新聞WEBサイト 「邑守の里花の会」(村石町)が大臣表彰~花と緑の愛護で功績
須坂新聞
今日は何の日
6月19日(火)
●京都府開庁の日
京都府が1985(昭和60)年に制定。1868(慶応4)年閏4月29日(新暦6月19日)、京都府が開設されました。王政復古の4か月後のことで、日本ではじめての地方自治体でした。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
「邑守の里花の会」(村石町)が大臣表彰~花と緑の愛護で功績(2018.06.02)

 邑守の里花の会は平成16年から国道406号沿いにある約75平方メートルの花壇を自治会・老人会・育成会で整備、現在は区の役員や公民分館を中心とした組織で活動している。

 これまでは交通量の多い国道沿いでごみのポイ捨てが目立ったが、現在はほとんど見られなくなり、花の名所として親しまれている。
 報告会には同会の現会長尾川永治さん、前会長小泉雅博さん、現区長の小泉一樹さん、前区長の市川育雄さんが出席。
 4人は「大臣表彰は大変光栄なことで、長年の努力が報われた。花壇づくりに携わってこられた多くの区民の皆さんに深く感謝したい。今年は6月3日にマリーゴールド、ニチニチ草、サルビア、カンナなど8種類ほどを植える予定。今回の受賞を励みに、皆で協力して、きれいな花を咲かせていきたい」などと話した。
 これを受けて、中澤副市長は「須坂市で17もの団体が大臣表彰を受けるのは市民の皆さんの熱心な取り組みによるもので、その尽力に敬意を表したい。これからも花と緑あふれる美しい地域づくりに励んでください」と感謝と激励の言葉を述べた。
 邑守の里花の会は昨年度の須坂市花のまちづくりコンクール・中規模花壇の部でも最高賞に選ばれている。

 

TOPへもどる