須坂新聞WEBサイト ログハウスのバス停を修復~須坂市夏端町の有志
須坂新聞
今日は何の日
7月18日(水)
●光化学スモッグの日
1970(昭和45)年、東京都杉並区で日本初の光化学スモッグが発生しました。立正高校で体育授業中の生徒が突然目の痛みや頭痛などを訴えて倒れ、40数人が病院へ運ばれました。東京都公害研究所は車の排気ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)が紫外線によって有毒な物質に変化して起こる光化学スモッグと断定しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
ログハウスのバス停を修復~須坂市夏端町の有志(2018.07.07)

 須坂市夏端町の有志はこのほど、東中学校前にあるログハウスのバス停留所が老朽化していることから修復に汗を流した。

 このバス停留所は25年前、仁礼地域公民館が体験学習の一環として呼び掛け、受講者ら10数人で作った。地元の山林の間伐材を譲ってもらい、伐採から皮むき、製材、組立てまでを行った。当時の東中生徒は間伐材から看板を作った。
 今回は仁礼コミュニティーセンター館長の片桐秀一さんが夏端町の区役員らに呼び掛けて、約20人が参加。全面に防腐剤を塗り、トタン屋根はペンキを塗って仕上げた。
 当時講師を務めた篠塚久義さん(70、仁礼町)は「趣味のログハウス作りを教えてほしいとの話があった。当時を思い出しながら作業できた」、地元区長の渡部進さん(71、夏端町)は「皆さんのおかげできれいになり、区民に喜んで使っていただける」、片桐さんは「仁礼地域づくり推進委員会の活動の一環として行った。立派に仕上げた皆さんに感謝です」と話している。

 

TOPへもどる