須坂新聞WEBサイト 古川雄大さん(高山村出身)主演映画で舞台あいさつ
須坂新聞
今日は何の日
1月19日(土)
●のど自慢の日
1946(昭和21)年、NHKラジオで「のど自慢素人音楽会」が開始されました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
古川雄大さん(高山村出身)主演映画で舞台あいさつ(2009.11.09)

 高山村堀之内出身の俳優・古川雄大(ゆうた)さん(22)主演の映画「僕らはあの空の下で」が14日午後7時から、長野市の長野ロキシーで上映される。

 開演に先立ち、古川さんの舞台あいさつもある。13~15日に開く第6回NAGANO映画祭の中で上映される。
 「僕らはあの空の下で」は、漫画家を目指す2人の少年を中心に仲間たちとの友情や葛藤を繊細に描いた青春群像劇。古川さんは主人公で、明るく人気者の生徒会長・神崎浩紀を演じる。
 将来漫画家になることを夢見ながら雑誌のコンクールに応募するが入選できず悔しい思いをしている神崎が、周りの仲間と共同制作で漫画を描き、それぞれが壁にぶつかりながらも成長していく様子を描いたストーリー。上映時間は70分。
 古川さんはミュージシャンとしても10月28日に初のフルアルバム「COLOR VARiATiON」をリリースした。
 なお、映画祭は14日が「転校生―さよならあなた」(午前9時50分~、ゲスト大林宣彦監督)、「高校三年生」(午後2時~、ゲスト俳優倉石功さん)、「子供の情景」(午後4時10分~)。15日は「クレヨンしんちゃん―嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」(午前10時~)、「のんちゃんのり弁」(午後0時半~、ゲスト緒方明監督・coba)、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(午後4時半~)。会場はロキシー、長野千石劇場、長野グランドシネマズ。
 会場では故小林創さん(須坂市東横町)の名作映画ポスター展や各種イベントも。入場券は1回券が前売り600円(当日800円)、4作品券2,000円(前売りのみ)など。平安堂須坂店などで販売している。詳細は実行委員会事務局☎026-286-3356へ。

 

TOPへもどる