須坂新聞WEBサイト 臥竜公園に五泉市の八重桜を植樹
須坂新聞
今日は何の日
7月24日(水)
●劇画の日
1964(昭和34)年、青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊しました。白土三平の「カムイ伝」をはじめ、水木しげる、つげ義春などが登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になりました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
臥竜公園に五泉市の八重桜を植樹(2015.12.19)

 須坂市は「日本さくら名所100選」の交流として、新潟県五泉市から「穂咲(ほざき)彼岸八重桜」の寄贈を受け、15日、臥竜公園の弁天島に苗木を植樹した。

 臥竜公園桜守りの会の羽生田郁雄会長(豊丘上町)や職員が作業を行った。
 須坂市は臥竜公園、五泉市は村松公園が日本の桜名所100選に選ばれている。また、須坂藩の茶道は村松藩(五泉市)由来の石州流と考えられていることから、先ごろ、五泉市から関係者が訪れて市内で交流茶会が開かれた。そうした縁があり、桜を交換して親睦を深めることに。
 穂咲彼岸八重桜は、八重の花が枝全体に穂状に巻き付くように咲き、春と秋に咲く珍しい品種という。村松公園に原木がある。須坂市からは豊丘で見つかった「園里黄桜」を贈った。
 臥竜公園の桜は25種類となった。羽生田会長は「春と秋に楽しめるので、多くの観光客に見てもらいたい」と話した。

 

TOPへもどる