須坂新聞WEBサイト 奈良の墨坂神社から須坂の墨坂神社参拝
須坂新聞
今日は何の日
5月22日(水)
●ガール・スカウトの日
ガールスカウト日本連盟が制定。1947(昭和22)年、第2次大戦で中断されていた日本のガールスカウトを再興するために準備委員会が発足しました。ガールスカウト日本連盟が結成されたのはその2年後でした。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
奈良の墨坂神社から須坂の墨坂神社参拝(2016.10.01)

 奈良県宇陀(うだ)市榛原(はいばら)にある「墨坂神社」から太田静代宮司や宮田修嗣(しゅうじ)責任役員ら氏子崇敬者の一行16人が25日、須坂市内の墨坂神社2社を正式参拝し、氏子総代や大総代らと歓談・交流した。

 須坂初来訪の太田宮司は参拝後、両社務所で「墨坂大神(すみさかのおおかみ)様に導かれて参りました。ご縁を末永く続けさせていただきたい」とあいさつした。
 一行は25日朝、バスで奈良を出発。須坂長野東ICを降り、午後2時すぎに八幡墨坂神社(山岸孝爾=こうじ=宮司)に着いた。同社氏子総代会(堀内孝雄会長)の総代らが歓迎した。正式参拝、歓談後、芝宮墨坂神社(勝山忠厚宮司)へ。氏子大総代(6人、神林夏雄責任大総代)が歓迎した。正式参拝後歓談した。
 山岸宮司(八幡)は平成22年に奈良の墨坂神社を正式参拝し、太田宮司とは面識があるという。勝山宮司(芝宮)も平成25年に奈良の墨坂神社を正式参拝し、太田宮司と面識がある。奈良の氏子らは平成24年に芝宮、八幡両社を訪問している。須坂の両社氏子らは以前から奈良の同社を訪問している。
 奈良の墨坂神社は、平成33年春に式年御造営事業(20年に一度の式年遷宮)を控えているという。

 

TOPへもどる