須坂新聞WEBサイト 須坂市/下八町太神楽を市文化財に~貴重な遺産
須坂新聞
今日は何の日
6月18日(火)
●海外移住の日
総理府(現在の内閣府)が1966(昭和41)年に制定。国際協力事業団移住事業部が実施。1908(明治41)年、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
須坂市/下八町太神楽を市文化財に~貴重な遺産(2007.03.08)

 市文化財審議委員会(宮川孝男会長、5人)は22日、下八町太神楽(下八町太々神楽保存会所有)を無形民俗文化財として指定するよう市教育委員会へ答申した。今月12日の臨時教育委員会を経て年度内に告示する見通しだ。明治初期に伝授されたといわれ、高井八守神社に毎秋奉納される太神楽のうち、特に曲芸獅子の「鎌倉の舞」(写真左)は他地区に見られない貴重なものという。

 太神楽は、長野市安茂里弥勒寺の住職が江戸で教わり、河東八町村へ伝授したといわれる。住職が笛や太鼓、獅子舞全般を教えたと伝わるが、古文書など確証はない。
 「鎌倉の舞」は耳を動かし、手まりを操り戯れ、多数の芸を披露する。手まりは「八重菊」「おもだか」「重ねつむ型」の3個(写真右)で、明治の初めと推定され、4種の糸でつむがれる貴重品。
 「くるいの舞」も曲芸獅子で、蚤(のみ)取りや耳をかき、多数の芸を披露する。「剱(つるぎ)の舞」は天照大神が天の岩戸へ隠れる神話に基づき、神社の鳥居でしめ縄を切って奉納する神聖な舞い。「平舞」は悪魔払い。獅子舞と共に奉納する「おかめ」は「昔おかめ」と「累(かさね)おかめ」がある。
 保存会(柴田正勝会長)は会員の高齢化で一時、録音テープやビデオを使って練習してきたが、増員に努め、数年前から若い人が加入し、現在男性25人、女性1人で、保存継承に努めている。

 

TOPへもどる