須坂新聞WEBサイト 須坂産果実発泡酒、来月にお披露目
須坂新聞
今日は何の日
5月22日(水)
●ガール・スカウトの日
ガールスカウト日本連盟が制定。1947(昭和22)年、第2次大戦で中断されていた日本のガールスカウトを再興するために準備委員会が発足しました。ガールスカウト日本連盟が結成されたのはその2年後でした。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
須坂産果実発泡酒、来月にお披露目(2017.07.22)

 須坂産果実(果汁)を使ったフルーツ発泡酒を開発している信州須坂フルーツ発泡酒協議会は、初商品として須坂産リンゴ「ふじ」を使った発泡酒を醸造しており、9月以降に市内の飲食店などで提供を始める。それに先立ち、8月26日に須坂駅前のシルキーホールで、一般と関係者向けのお披露目会を開く。

 同協議会は須坂市や須坂商工会議所などで組織し、昨年度の国の地方創生加速化交付金を活用して、豊丘町に醸造所を整備するなどした。飲食店経営などのクルークダイニング(安曇野市)に委託して、ことし5月から醸造を開始した。
 第1弾として、ふじの果汁を使い、配合比率や麦芽の種類、造り方などが異なる各種発泡酒を醸造している。今後はリンゴを中心に、ブドウの果汁などを使ったものも予定している。
 お披露目会では3種類を提供する。醸造場長の深井洋一さん(長野市)は「果汁感のあるもの、麦汁感のあるものなどバラエティーに富んでいる。いろいろな好みの人たちに楽しんでもらえる」と話している。
 お披露目会は午後2時半~5時。参加費500円。定員100人。8月10日まで申し込みを受け付けている。定員を超えた場合は抽選。
 会場では市内の飲食店などによるおつまみなどの販売も。申し込み・問い合わせは事務局の市産業連携開発課☎026-248-9033まで。

 

TOPへもどる