須坂新聞WEBサイト 【JFC須坂】恒例の元旦サッカーで始動~OBで鳥栖の高橋選手も参加
須坂新聞
今日は何の日
9月22日(土)
●孤児院の日
1887(明治20)年、岡山の医師・石井十次が日本初の孤児院「孤児教育会」を創設しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【JFC須坂】恒例の元旦サッカーで始動~OBで鳥栖の高橋選手も参加(2018.01.13)

 JFC須坂サッカースクールは1日、須坂温泉古城荘体育館で恒例の「元旦サッカー」を行った。

 午前はJFC須坂ジュニアの小学5、6年生、午後は中学生のJFC須坂ヴェンセールがフットサルで汗を流し、新年のスタートを切った。
 元旦サッカーは15年ほど前から続く恒例行事で、選手や指導者、保護者など大勢が参加するとともに、毎年多くのOBも足を運ぶ。この日も同スクールOBでJリーグ1部(J1)のサガン鳥栖でプレーする高橋義希選手(32、須坂市亀倉町出身)らが参加し、後輩たちと一緒にフットサルを楽しんだ。
 高橋選手は「この中からサッカーで上に行きたいと思ってくれる子が出てほしい」と願い、元日の恒例行事にほぼ毎年参加している。子どもたちと一緒に体を動かしながら、「須坂からでもJリーガーになれるんだという気持ちに少しでもなってくれたらうれしい」と期待していた。
 高橋選手と対戦した市川梨夢君(井上小6年)は「視野が広くてすごかった」。青木歩十君(小山小6年)は「足技がすごくて、まねをしたい」と話し、それぞれ「J1で活躍できる選手になりたい」「日本代表になりたい」と夢を膨らませていた。

 

TOPへもどる