須坂新聞WEBサイト 記録的早さで桜が開花~温かい陽気続き、須高でも一気に
須坂新聞
今日は何の日
8月21日(火)
●献血記念日
1964(昭和39)年、それまでの売血制度をやめ、輸血用血液は献血により確保する体制を確立するよう閣議で決定された日。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
記録的早さで桜が開花~温かい陽気続き、須高でも一気に(2018.04.07)

 3月末から温かい日が続き、須高地区でも桜が平年より大幅に早く開花した。

 須坂市の臥竜公園の桜は市の観測史上、最も早く4月3日に開花し、今週末から来週にかけて見ごろを迎えそう。3日は長野市で最高気温が25度を超えるなど初夏の陽気となり、臥竜公園では、半袖や日傘をさして散歩する人たちの姿が多く見られた。
 日本さくら名所100選の臥竜公園の桜は3日午前に開花した。基準木としている臥竜橋のたもとにあるソメイヨシノの枝先に5輪以上の花がつき、臥竜公園管理事務所の坂田温(あつし)所長(4月1日付で着任)が開花宣言を行った。全国的に記録的な早さの開花が伝えられる中、臥竜公園も、記録が残る平成12年以降の18年間で最も早い開花となった。昨年より10日、平均よりも7日早い。
 3日の臥竜公園は春休みの子どもたちや家族連れなど大勢が訪れた。涼を求めて竜ケ池や弁天滝で水遊びする姿も。小学生の長男と友人親子と訪れた長野市の主婦は「桜が目的で来たわけではなかったので、咲いていてびっくりした。早いですね」と話していた。
 臥竜公園の池乃清泉亭は多くの来店者でにぎわい、経営者の志田原昭子さんは「温かくなった3月下旬からお客さんが増えて忙しい。できるだけ長く桜が咲いてもらいたい」と話していた。
 一方、高山村でも3日、村内に点在する桜の開花を宣言。村産業振興課によると、平年より10~12日ほど早く、3日は五大桜の一つ「中塩のしだれ桜」のほか、「二ツ石のしだれ桜」と「和美(なごみ)の桜」で開花を確認したという。
 その他の桜も徐々にほころび始め、来週末にかけて多くの場所で見頃を迎えそうだ。

 

TOPへもどる