須坂新聞WEBサイト 間もなく600万人~須坂市動物園入園者数
須坂新聞
今日は何の日
8月21日(火)
●献血記念日
1964(昭和39)年、それまでの売血制度をやめ、輸血用血液は献血により確保する体制を確立するよう閣議で決定された日。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
間もなく600万人~須坂市動物園入園者数(2018.06.09)

 須坂市動物園の入園者数が間もなく600万人を迎える。

 これに合わせて同園では、特別イベントを企画。達成当日に式典を開き、節目の来園者(前後含む)に景品を贈るなどして祝う。
 前祝いイベント第1弾として17日まで、5月に生まれたウズラの愛称と入園者数600万人の達成日予想を募集している。ウズラはの愛称は応募の中から5羽分を採用。7月1日に当選者を招いて命名式を開く。600万人の達成日を当てた人には景品を贈る予定。園内に応募箱と用紙を設置している。
 ほかにも7~12月は動物の体のパーツに特化した写真展を開くなど、多彩な企画で来園者を出迎える。写真展は毎月パーツを替えて展示。初回の7月のテーマは「耳」。
 担当の小林功さん(46)は「開園55周年の節目に600万人が達成できる。いつもはやらない特別イベントで盛り上げていきたい」と話している。6日現在の入園者数は597万4,435人。
   ◇  ◇
 ●須坂市動物園「オウム・インコデー」イベント 
 日本動物園水族館協会が定める「オウム・インコデー(6月15日)」に合わせて15~17日、飼育しているインコやオウムを紹介。
 16、17日は午後0時40分から「オウムとインコたちから挑戦状」と銘打った○×クイズ(各日限定15人、午後0時25分から整理券配布)を楽しんでもらうほか、3日間とも午後2時からルリコンゴウインコのガイド付き餌やり見学や、午後3時15分からキエリボウシインコのガイドを企画している。
 このほか、4種類のインコを同じ場所に集めて見学してもらったり、インコとオウムの違いについてのパネル展示などもある。同園☎026-245-1770。

 

TOPへもどる