須坂新聞WEBサイト 夏の果物が続々と出荷~須坂生まれのワッサーなど
須坂新聞
今日は何の日
10月17日(水)
●貯蓄の日
日本銀行の貯蓄増強中央委員会(現在の貯蓄広報中央委員会)が1952(昭和27)年の同委員会発足のときに制定し、翌年から実施。戦前まで実施されていた神嘗祭[かんなめさい]にちなんで。勤労の収穫であるお金を大切にする日。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
夏の果物が続々と出荷~須坂生まれのワッサーなど(2018.07.21)

 フルーツ王国須高では夏の果実が続々と出荷している。

 今季は春から高温が続き、生育が進んで糖度も高く食味も良好という。モモの早生品種は7月上旬から出荷が始まり、早生ワッサーも22日以降の出荷に向けて準備を進めている。
 ワッサーは山根白桃とネクタリンを交配した須坂生まれの品種。肉質が緻密でよく締まり甘く食味がよい。大きさは220~280gの中玉品種。モモ農家の有坂修二さん(78、南小河原町)は「今年は高温の影響もあり例年より1週間ほど早い。甘さは抜群」と話している。
 モモは今後、中生種のあかつき、晩生種の川中島白桃へと続き、9月下旬まで出荷が続く。JAながの須高ブロックではモモ・ネクタリン全体で約20万ケース(1ケース5kg)を計画する。

 

TOPへもどる