須坂新聞WEBサイト 「信州須坂をよろしく」~神奈川県海老名市で特産品を販売
須坂新聞
今日は何の日
7月24日(水)
●劇画の日
1964(昭和34)年、青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊しました。白土三平の「カムイ伝」をはじめ、水木しげる、つげ義春などが登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になりました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
「信州須坂をよろしく」~神奈川県海老名市で特産品を販売(2018.09.08)

 須坂市と災害時相互応援協定を結んでいる神奈川県海老名市で8月から、須坂市の物産品の常設販売が始まった。

 小田急線海老名駅に隣接するビルにある、海老名市役所連絡所の一角にコーナーが設けられ、須坂のみそや、乾麺そば、リンゴジュース、ブルーベリージャムなどを取り扱っている。
 須坂市と海老名市は昨年1月に協定を結んだ。これまで海老名市の市民祭りなどで須坂市の物産品を販売し、好評だったことから、常設販売することに。大勢が信州須坂の味を買い求めている。商品は定期的に入れ替える予定。
 須坂市商業観光課では「連絡所は人の往来が多く、アンテナ効果の高い場所にあるので大変ありがたい。物産品の販売を通じて海老名市の方に須坂を知って、興味を持ってもらうと共に、誘客やさらなる相互交流につなげたい」と期待する。

 

TOPへもどる