須坂新聞WEBサイト 笑顔で接客、プロの自覚を~須坂創成高校商業科3年生が講習
須坂新聞
今日は何の日
12月11日(火)
●百円玉記念日
1957(昭和32)年、百円硬貨が発行されました。それまでは板垣退助の肖像の紙幣でした。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
笑顔で接客、プロの自覚を~須坂創成高校商業科3年生が講習(2018.09.15)

 須坂創成高校商業科の3年生(118人)は12日、10月20、21日に開く学校行事「創成フェア」に向けて、接客マナーなどを身に付ける講習を受けた。

 商品販売の“プロ”として、笑顔で接客する大切さなどを学び、言葉遣いや動作を練習した。
 長野県立大学務課長で元百貨店勤務の金子功さんが指導。コミュニケーションの土台となる第一印象は言葉遣いや表情、姿勢などが大部分を占めるとし、マナー要素に挙げた。
 このうち表情については、相手の目を見て笑顔で話したり、聞いたりすることが大事だとし、「フェアで皆さんは商品を売ってお金をもらうプロになる。(好印象を与えるために)努力して笑顔を作ることはプロとして当たり前」と話した。
 生徒たちは、実際に「いらっしゃいませ」「お待たせいたしました」「ありがとうございました」など声の出し方や表情の作り方、お辞儀の仕方を練習した後、接客を締めくくる金銭授受の基本を確認した。
 金子さんは「一番大事なのは皆さんの心。そこに知識やスキルをミックスさせることが重要」と呼び掛けた。
 フェアで販売部長を務める羽生田永暉さんは「お客さまの背中に向かって『ありがとうございました』と言うところが印象に残った。フェアで実践したい」と話していた。

 

TOPへもどる