須坂新聞WEBサイト 農家支援で台風リンゴ追加~須坂市がふるさと納税返礼に
須坂新聞
今日は何の日
10月17日(水)
●貯蓄の日
日本銀行の貯蓄増強中央委員会(現在の貯蓄広報中央委員会)が1952(昭和27)年の同委員会発足のときに制定し、翌年から実施。戦前まで実施されていた神嘗祭[かんなめさい]にちなんで。勤労の収穫であるお金を大切にする日。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
農家支援で台風リンゴ追加~須坂市がふるさと納税返礼に(2018.10.13)

 須坂市は3日から、9月上旬の台風21号で被害を受けた市内のリンゴを、ふるさと納税の返礼品に加えた。

 被災農家支援が目的。市政策推進課によると10日現在、510件(寄付額346万4,000円)の申し込みがあった。
 リンゴはJAながのの須坂管内で栽培された「シナノゴールド」と「サンふじ」。台風の影響で傷付くなどして市場などには出荷できないが、腐敗の進行性はなく、果肉にほとんど問題ないもの。
 9,000円の寄付に対して10kg、5,000円の寄付に対して5kgを返礼する。
 同課では「取り扱い開始後から多数の寄付を頂き、農家の励みになる。ふるさと納税を通じて『フルーツ王国須坂』の魅力を多くの方に知ってもらえれば」とする。
 市農林課によると台風21号の影響による市内の果樹の被害額は、リンゴとナシの落果が合わせて約1億3,150万円で、リンゴが多くを占めた。枝ずれで果実が傷付いたなどの被害は含まれていないという。

 

TOPへもどる