須坂新聞WEBサイト 【須坂市】峰の原に新除雪基地~1カ所集約で機能強化
須坂新聞
今日は何の日
12月11日(火)
●百円玉記念日
1957(昭和32)年、百円硬貨が発行されました。それまでは板垣退助の肖像の紙幣でした。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂市】峰の原に新除雪基地~1カ所集約で機能強化(2018.12.01)

 須坂市は、峰の原高原に新たな除雪基地を建設した。

 21日に関係者が出席してしゅん工式を行った。峰の原高原には市と仁礼会が所有する除雪基地が計2カ所あったが、1カ所に集約して利便性や機能を強化した。
 新たな除雪基地は峰の原高原こもれびホール南側に建設した。約2,200平方メートルの敷地に、鉄骨造平屋建て延べ約290平方メートルの車庫棟と、木造平屋建て延べ約30平方メートルの休憩棟を設けた。土地は仁礼会からの借地。
 車庫棟には除雪ドーザ2台と凍結防止剤散布車1台、ロータリー除雪車1台を置く。天井にクレーンが設けられ、散布車への凍結防止剤の補充などがスムーズにできるようになった。
 除雪作業は仁礼会や峰の原高原観光協会などで組織する、峰の原高原除雪組合に委託している。
 以前の除雪基地は、峰の原高原スキー場駐車場西側と、こもれびホール西側にあり、老朽化するなどしていた。
 市は「新たな除雪基地で、住民や訪れる人たちに安全安心な道路・交通環境を提供したい」としている。
 総事業費は7,888万円。国の交付税措置率8割の辺地債を全額充てた。

 

TOPへもどる