須坂新聞WEBサイト 【インフルエンザ猛威】須高も感染拡大
須坂新聞
今日は何の日
7月24日(水)
●劇画の日
1964(昭和34)年、青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊しました。白土三平の「カムイ伝」をはじめ、水木しげる、つげ義春などが登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になりました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【インフルエンザ猛威】須高も感染拡大(2019.02.02)

 全国的にインフルエンザの猛威が止まらない。

 県の最新情報によると第4週(1月21~27日)における県内のインフルエンザ定点当たり報告数は64.72人で平成11年の調査開始以降、17年の第9週76.28人に次ぐ2番目の高数値。須高でも30日時点の学校等欠席者は園児40人、小学生72人、中学生28人、高校生27人(出席停止者は含まれない)で、依然感染が拡大している。31日現在の学級閉鎖は、みつばち保育園1、井上小1、栗ガ丘小1、小布施中2。
 インフルエンザウイルスはプラスチックの表面などに24~48時間生存し、ドアノブやパソコンのキーボードなどからも感染することから、地域医療福祉ネットワーク推進室は、こまめな手洗いによる予防を呼び掛ける。

 

TOPへもどる