須坂新聞WEBサイト オープンデータなど活用し臥竜公園一帯の活性化考える
須坂新聞
今日は何の日
5月22日(水)
●ガール・スカウトの日
ガールスカウト日本連盟が制定。1947(昭和22)年、第2次大戦で中断されていた日本のガールスカウトを再興するために準備委員会が発足しました。ガールスカウト日本連盟が結成されたのはその2年後でした。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
オープンデータなど活用し臥竜公園一帯の活性化考える(2019.03.16)

 須坂市の情報化を考える会はこのほど、臥竜山公会堂で、オープンデータやICTを活用した臥竜公園や市動物園の活性化を考えるワークショップを開いた。

 市民や墨坂中学生、市職員など約20人が参加して、アイデアを出し合った。
 オープンデータはテキストなど機械判読に適した形式、2次利用可能なルールでインターネット上に公開されたデータのこと。誰でも自由に使用、編集、共有でき、さまざまなビジネスやサービスの創出、効率化などが期待されている。須坂市ではオープンデータの公開や、それを活用した取り組みを推進している。
 ワークショップは4グループに分かれて行った。Aグループは、臥竜公園を訪れた人の位置情報を使った桜の人気投票や、外国人観光客も呼び込むための桜の木を生かしたアート作品制作などを提案した。
 Bグループは、臥竜公園などの各所にQRコードを設置し、スマートフォンをかざすと動物スタンプがもらえたり、動物園にいない動物とバーチャルリアリティー(仮想現実)で触れ合えるようにすることなどで、リピーターや若者を呼び込むなどとした。
 情報化を考える会代表の遠藤守名古屋大学大学院准教授(須坂市明徳町出身)は「中学生など若い人の発想がたくさん出て面白かった。実現可能なアイデアは生かしていきたい」と話していた。
 ワークショップは、世界で同日開催された「インターナショナルオープンデータデイ」の一環で行った。

 

TOPへもどる