須坂新聞WEBサイト 【「令和」元年、希望の船出】27組が婚姻届
須坂新聞
今日は何の日
7月24日(水)
●劇画の日
1964(昭和34)年、青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊しました。白土三平の「カムイ伝」をはじめ、水木しげる、つげ義春などが登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になりました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【「令和」元年、希望の船出】27組が婚姻届(2019.05.11)

 新たな元号「令和」初日の5月1日、全国各地で婚姻届を提出したカップルや赤ちゃん誕生など祝賀ムードに沸いた。

 須高3市町村でも須坂市で24組、小布施町で2組、高山村で1組が婚姻届を提出。また、1日以降、赤ちゃんが元気な産声を上げ、地域住民らは新しい時代の到来を喜び合った。

 須坂市に1日午前8時半過ぎ、関野充則さん(29、上八町)と斉藤笑子さん(25、高山村赤和)が婚姻届を提出した。充則さんは「私は平成の初めに生まれて、令和元年の初日に新たな出発ができた。婚姻届の提出はこの日と決めていた。本当にいいタイミングで気持ちが高まる」、笑子さんは「良き記念日が新たな出発となりうれしい。2人で力を合わせて笑顔あふれる温かな家庭を築いていきたい」と喜んでいた。結婚式はきょう11日に行われる。

 

TOPへもどる