須坂新聞WEBサイト 学校給食も新元号記念
須坂新聞
今日は何の日
6月18日(火)
●海外移住の日
総理府(現在の内閣府)が1966(昭和41)年に制定。国際協力事業団移住事業部が実施。1908(明治41)年、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
学校給食も新元号記念(2019.05.18)

須坂市学校給食センターは、市内の小中学校、支援学校に「新元号記念献立」を提供した。

 時代は新しくなっても、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の文化を守り伝える認識を新たにする機会になれば―との思いから計画。和食メニューに「新元号記念ゼリー」をデザートにつけた。
中学校は10日、小学校・支援学校は13日。メニューは新じゃがのみそ汁、鮭の西京みそ焼き、のりごま和え、ごはん、牛乳、新元号記念ゼリー(改元の説明付き)。
学校からは「元号にまつわる話題でもちきりだった」「食事のマナー、配膳の大切さを改めて考えるきっかけになった」など、食べた後の感想が届いた。

 

TOPへもどる