須坂新聞WEBサイト IC周辺開発に専門グループ~須坂市が市街地対策や道路・水道など
須坂新聞
今日は何の日
6月18日(火)
●海外移住の日
総理府(現在の内閣府)が1966(昭和41)年に制定。国際協力事業団移住事業部が実施。1908(明治41)年、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
IC周辺開発に専門グループ~須坂市が市街地対策や道路・水道など(2019.05.18)

 須坂市は須坂長野東インターチェンジ(IC)周辺開発計画に先ごろ、三つの専門グループを設置したことを明らかにした。

 10日の会見で三木市長は「より多くの人の市街地への回遊や交通ハブ機能も検討したい」とした。
 2016年2月に設置したプロジェクトチーム会議の下部組織として1.産業振興・観光 2.中心市街地対策 3.道路・水道―の各専門グループ。地域説明会などで出た意見・質問、事業者からの相談、関係機関からの指摘事項を検討し、開発が市をはじめ長野地域や北信全体のメリットになるよう庁内関係課の職員が個別具体の課題を検討していく。
 1.は観光集客施設を活用した農業・観光振興策の検討。2.は観光集客施設整備による中心市街地への影響と対策の検討。3.は道路・用排水路・上水道などインフラ整備や交通対策の検討。
 また、官民連携基盤整備推進調査費補助金(国交省)を活用して本年度、IC周辺地区交通処理計画を策定することも明かした。

 

TOPへもどる