須坂新聞WEBサイト 女子バレー日本代表山岸あかね選手~須坂南部バレーが原点。関係者「後輩の励みに」
須坂新聞
今日は何の日
6月18日(火)
●海外移住の日
総理府(現在の内閣府)が1966(昭和41)年に制定。国際協力事業団移住事業部が実施。1908(明治41)年、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
女子バレー日本代表山岸あかね選手~須坂南部バレーが原点。関係者「後輩の励みに」(2019.05.25)

 山岸選手は須坂南部少女バレーボールチーム出身。

 当時からの監督・平林和彦さん(61、旭ケ丘ふれあいプラザ館長)は「キャプテンを務め、レシーブの要でありアタックの要でもあった。他チームの指導者が(山岸選手のプレーを見て)“ボールに対するリズム感がすごくいい”と言っていたのを覚えている」と当時を振り返る。
 山岸選手は5歳上の姉・麻依子さん、2歳上の姉・紗綾美さんの影響もあり、小学校にあがる前の5歳ごろからボールに触れていたという。豊丘小を卒業後、長野市立裾花中に進学。岡田隆安監督のもと全日本中学バレーボール選手権で2年連続全国制覇。東海大三高(現・東海大諏訪高)時代には春高やインターハイで活躍。進学した東海大では3年次に全日本インカレで優勝している。2013年にシニア日本代表、2012―2013年はユニバーシアード日本代表の実績も。2013年から埼玉県上尾市に拠点を置く女子バレーボールチーム「埼玉上尾メディックス」に所属する。
 「小さい頃に教えた子がずっとバレーボールを続け、もちろん本人の努力あってのことだが、日本代表に選ばれるということは、指導者としてこの上なくうれしい。須坂南部の後輩たちにとっても大きな励みになる」と平林さん。
両親の政行さん・春代さんは、「埼玉上尾の試合はよく観戦に行くが、外国の大会の様子はネットなどで知ることが多い。日本代表として、とにかくけがをしないように頑張ってほしい」と静かにエールを送っている。

 

TOPへもどる