須坂新聞WEBサイト 名前は「令愛(れいあ)」です~須坂市動物園のワオキツネザル
須坂新聞
今日は何の日
6月18日(火)
●海外移住の日
総理府(現在の内閣府)が1966(昭和41)年に制定。国際協力事業団移住事業部が実施。1908(明治41)年、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
名前は「令愛(れいあ)」です~須坂市動物園のワオキツネザル(2019.05.25)

 須坂市動物園で3月に誕生したワオキツネザルの子の愛称が「令愛(レイア)」に決まった。

 19日に命名式を開いて発表した。来園者の公募で、令和の始まりにふさわしい愛称を選んだという。
 令愛は、オスの「ポンカン」(9歳)とメスの「チョコン」(5歳)の子で、メスの「チョビ」(1歳)のきょうだい。性別はまだ不明。
 愛称は4月27日~5月6日の大型連休中、園内に応募箱を設置して募集した。1,095件の応募があり、須坂市八幡町の西島柚葵(ゆづき)さん(森上小5年)颯希(さつき)ちゃん(幼稚園年長)の姉妹が名付け親になった。
 命名式で柚葵さんは、愛称に込めた思いを「令和の時代にみんなに愛されてほしかった」と説明。取材に「まさか選ばれるとは思わなかった。うれしい」と喜んでいた。
 飼育担当の小林哲也さんによると、令愛は順調に成長しており、母親から離れて行動するようになってきているという。「チョビとよく一緒にいる。きょうだい同士仲が良い」と話していた。
 ワオキツネザルは、マダガスカル島に生息しているキツネザルの仲間。同園では現在、6匹を飼育している。今後は群れが二つに分かれることを見込み、環境を整備していく予定という。

 

TOPへもどる