須坂新聞WEBサイト 須坂の玄関口をきれいに~井上小児童や住民ら220人がカンナを植栽
須坂新聞
今日は何の日
6月18日(火)
●海外移住の日
総理府(現在の内閣府)が1966(昭和41)年に制定。国際協力事業団移住事業部が実施。1908(明治41)年、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
須坂の玄関口をきれいに~井上小児童や住民ら220人がカンナを植栽(2019.06.01)

 須坂市花と緑のまちづくり推進委員会(事務局・市役所まちづくり課)は5月25日朝、国道403号幸高町信号~須坂長野東インターチェンジ手前の約600mの両側の歩道にある植樹マスにカンナの植え付けを行い、地域の人たちや井上小児童ら総勢約220人がボランティアで汗を流した。

 須坂の玄関口を市民の手で花を植えてきれいにして、須坂の花のまちづくりを発信しようと2006年度から取り組んでいるフラワーロード整備事業で、今回で14年目になる。
 作業は午前6時と9時からの2回に分けて行い、前半(国道南側の歩道)は井上・幸高・二睦町の区民、県須坂建設事務所、アイフルホーム須坂店、ながの農協井上店、市民ボランティア、市役所の関係者ら約60人が1,600株を、後半(国道北側の歩道)は井上小1~2年生の児童と保護者、市役所の関係者ら約160人が640株を植えた。
 後半の終了式では、市の花と緑のまちづくり事業マスコットキャラクターの「かんなちゃん」から子どもたちへの御礼として「かんなちゃんシール」がプレゼントされた。
 同小2年の横田桂馬君は「球根を植えるのが楽しかった。いっぱい咲くとうれしい」と話していた。
 同委員会では、5月22日にもボランティアグループ「須坂ガーデンプラネット」と市職員が幸高町南信号付近の約60mの植樹マスにラベンダー1,000株を植えている。

 

TOPへもどる