須坂新聞WEBサイト 【須坂市議会】児童センター指定管理へ~10対9で原案可決
須坂新聞
今日は何の日
7月24日(水)
●劇画の日
1964(昭和34)年、青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊しました。白土三平の「カムイ伝」をはじめ、水木しげる、つげ義春などが登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になりました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂市議会】児童センター指定管理へ~10対9で原案可決(2019.07.06)

 市議会6月定例会は3日、閉会した。

 議案34件を原案通り可決した。3児童センターの管理を来年度から指定管理者に移行する「児童センター設置条例の一部を改正する条例」は、委員会審査で否決すべきものとした。久保田克彦議員は原案に反対、古家敏男議員は賛成の討論。採決の結果、起立多数(10人)で原案を可決した。
 指定管理への移行に伴う「放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例」は、委員会審査で修正可決すべきものとした。石合敬議員は指定管理導入は時期尚早と修正案を提出。久保田議員が原案に反対の、古家議員が賛成の立場で討論。修正案を起立少数(9人)で否決。原案を起立多数(10人)で可決した。
 三木市長は閉会あいさつで「市民にもしっかり説明していきたい」と述べた。
 ふれあい館しらふじ(本上町)を民間に貸し付け活用を図る「蔵の町ふれあい館条例の一部を改正する条例」は、岩田修二議員が時期尚早と反対討論。起立多数(13人)で原案を可決。付帯決議案も起立多数で可決した。
 意見書は4件可決。

 

TOPへもどる