須坂新聞WEBサイト 須坂の「じゃガリコ」が準V~長野市の小学生ドッジボール大会
須坂新聞
今日は何の日
11月25日(水)
●ハイビジョンの日
郵政省とNHKが1987(昭和62)年に制定。 ハイビジョンの走査線の数が1
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
須坂の「じゃガリコ」が準V~長野市の小学生ドッジボール大会(2019.11.30)

 須坂市内の小学生でつくるドッジボールチーム「ガリコKids(キッズ)」の下級生チーム「じゃガリコ」が17日、信州新町体育館で行われた第12回ちびっこドッジボール大会(長野市ドッジボール協会主催)の1~4年生の部で準優勝した。

 大会は小学4年生以下が対象。北信地区を中心に県内の25チームが2部門で競った。
 1~4年生の部には18チームが出場。8人制、5分1セットマッチで、4ブロックに分かれて予選リーグと予選の順位に基づいた決勝トーナメントを戦い優勝を争った。
 じゃガリコは予選を2勝1敗の1位で通過すると、決勝トーナメントは初戦でブレイブ・キッズ(長野市)を6―2、準々決勝でWagoichi Club(同)を7―1で破った。準決勝は昭和ドッジんズ(同)に3―2で競り勝ったが、決勝でGreen Devil(同)に2―7で敗れた。
 須坂市スポーツ協会主催の教室が切っ掛けで新たなメンバーが加わり、4年生の人数が増えたといい、監督の加藤富己子さんは「子どもたち自身でよく話し合うなど、勝ちたいという気持ちや、やる気が感じられる試合だった」とたたえた。
 キャプテンの久保田速斗君(小山小4年)は「みんなちゃんとキャッチしたりアタッカーも攻撃ができて、決勝まではよかった。準優勝はうれしかったけど、最後に集中力が切れて焦ってしまった」と悔やみながら、「2月の最後の大会では、みんなで協力してパスをつなげたり、声を掛け合って戦っていきたい」と話していた。
 〔じゃガリコ〕▽選手 久保田速斗(主)竹中悠二(副主)小林夏稀 角田晟 青木悠真 丸山夏理奈 高野碧 池辺匠=以上4年 牧峻平 峯村絵茉 清原結奈=以上3年 小山晴太郎=1年▽監督 加藤富己子▽コーチ 寺瀬由紀▽マネジャー 池田結美

 

TOPへもどる