須坂新聞WEBサイト 【小布施町】新成人おめでとう
須坂新聞
今日は何の日
2月25日(火)
●箱根用水完成の日
1670(寛文10)年、日本の土木史上重要な意味を持つ箱根用水が完成しました。湖尻峠に約1200メートルのトンネルを掘って、芦ノ湖の水を富士山麓の数か村に導く用水で、深良村(現在の裾野市)名主・大庭源之丞らが中心となって5年かけて完成させました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【小布施町】新成人おめでとう(2020.01.18)

 須高3市町村の成人式が12日、各地で行われた。

 今年の対象者は須高全体で昨年より20人多い782人。新成人は友人や恩師らとの再会を喜び、将来の夢や地域を担う決意などを新たにした。
   □  □
 小布施町の成人式は対象者151人のうち114人が出席した。
 実行委員長で4月から小布施町役場に就職する村石祐樹さんは「台風被害にあった方は非常につらい日々だったと思う。その中で人と人のつながりや思いやりの強さにも触れた。少しでも皆さんが住みやすい町にし、地域の方々に今までの恩返しができるよう尽くす」と新成人を代表して感謝の言葉を伝えた。
 意見発表では、長野県立大幼児教育学科2年の長井美怜さんが「台風災害の避難所で子どもと遊ぶボランティアを友人と企画した。将来目指している職の専門性を生かして社会貢献する意識を持つようになった」と話した。
 副実行委員長の友野翔太さんは「家族や友人、先生、地域の皆様への感謝の気持ちを思いやりの心に変え、この町と人に返していく」と決意を発表した。
 市村良三町長は「皆さんは1999年と2000年の世紀をまたぐ節目の年に生まれた。若い人たちのまちづくり運動に加わり、小布施の復興に力を貸してほしい。と同時に、若い人の夢は限りない。世界中で活躍することを町は常に応援する」とエールを送った。

 

TOPへもどる