須坂新聞WEBサイト 【須坂市豊丘小】決めたルールは守ろう~スマホ・ケータイ安全教室
須坂新聞
今日は何の日
2月25日(火)
●箱根用水完成の日
1670(寛文10)年、日本の土木史上重要な意味を持つ箱根用水が完成しました。湖尻峠に約1200メートルのトンネルを掘って、芦ノ湖の水を富士山麓の数か村に導く用水で、深良村(現在の裾野市)名主・大庭源之丞らが中心となって5年かけて完成させました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂市豊丘小】決めたルールは守ろう~スマホ・ケータイ安全教室(2020.02.08)

 豊丘小の3年~6年生(48人)は先月27日、インターネットに接続できる機器との正しい付き合い方を学んだ。

 KDDIスマホ・ケータイ安全教室認定講師の大久保充宣さんが、便利な反面、危険もはらんでいるスマホなどの利用について分かりやすくアドバイス。「ゲームをする時間、ネット課金などについて、家の人と相談してルールを作り、決めたルールは守ろう」と呼び掛けた。
 ネット上でやりとりする文章の誤解、GPS(全地球測位システム)、ゲームに関する3つのアニメ動画を視聴し、全員で問題点を探し出した。
 会ったことがないネットの向こうの親友は、実は誘拐犯だったという内容の動画には、スマホで撮った自分の写真を相手に送信し、居住地域を特定されてしまう恐ろしさが描かれていた。児童は「GPSをオンにしていたのが問題」「教えてないのに相手が住所を知っているのは怪しい」と意見。大久保さんは、昨年、国内で実際に起きた類似の事件に触れ、「ネットで近づいてきた人とは絶対に会わないで」と注意を促した。
 授業の後、松尾青依(あおい)さん(6年)は「スマホやケータイは怖い面もあるけど、賢く使えるようになりたい」。また羽生田絢大(あやと)君(6年)は「友だちとの関係が変わってしまわないように、楽しく使いたい」と話した。

 

TOPへもどる