須坂新聞WEBサイト 【国の地価公示】小布施町住宅地2地点で上昇~須坂は横ばい、下落
須坂新聞
今日は何の日
3月31日(火)
●教育基本法・学校教育法公布の日
1947(昭和22)年のこの日に公布、翌日から施行され、学校教育の6・3・3・4制が発足しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【国の地価公示】小布施町住宅地2地点で上昇~須坂は横ばい、下落(2020.03.20)

 国土交通省は18日、令和2年地価公示(基準日1月1日)の公示価格を発表した。

 県内43市町村の332調査地点(須坂市10、小布施町4含む)のうち、住宅地は75地点で上昇した(横ばい46、下落91)。須高の住宅地は小布施町2地点で上昇した(横ばい5、下落3)=表。住宅地の上昇率は小布施町福原が1.3%、同小布施が1.2%。下落率はマイナス2.1%~マイナス0.5%。
 県内住宅地212地点の平均変動率はマイナス0.1%で23年連続の下落だが、下落幅は前年より縮小した。須坂市平均はマイナス0.6%(前年同)。小布施町は0.8%(同0.3%)。
 県内住宅地の平均価格は36,000円。
 「小布施町市街化区域では底堅い需要がある」(鑑定評価員の価格形成要因等の概要)
 一方、県内商業地は29地点で上昇した(横ばい25、下落58)。須高は小布施町上町が2.0%(前年1.7%)。須坂市はマイナス1.1%~マイナス0.5%。
 県内商業地112地点の平均変動率はマイナス0.4%で28年連続の下落だが、下落幅は縮小した。須坂市の平均はマイナス0.8%(前年同)。
 県内商業地の平均価格は66,400円。
 県内工業地は7地点が横ばい。下落は1地点。須坂市は横ばい。
 県内工業地の平均価格は15,700円。
 「須坂市内の需要は堅調な一方で先行き不透明感から慎重感が認められる」(評価員)

 

TOPへもどる