須坂新聞WEBサイト 【小布施】高齢になっても地域活動で健康長寿に~「お出かけ交流ポイント制度」始まる
須坂新聞
今日は何の日
6月3日(水)
●雲仙普賢岳祈りの日
長崎県島原市が1998(平成10)年から実施。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【小布施】高齢になっても地域活動で健康長寿に~「お出かけ交流ポイント制度」始まる(2020.04.04)

 小布施町は1日、65歳以上の町在住者が対象の小布施町出かけて交流ポイント制度「おでこポイント制度」を始めた。

 対象事業に参加すると、商品券と交換できるポイントがもらえる取り組み。「高齢になっても地域活動に積極的に関わり、交流を楽しみながら元気に暮らし続けてほしい」と願いを込めた。
 町の健康診査や介護予防教室、公民館生涯学習教室、ボランティア活動、老人クラブの催しなど約70事業が対象。1回参加で1ポイントのスタンプを押してもらう仕組み。1ポイント50円で10ポイントで500円の町発行商品券に交換できる。商品券は町内の参加店で使える。
 町と町社会福祉協議会、町老人クラブ連合会の共催。町や社協の担当職員は「健診受診やボランティア参加など目的を絞ったポイント制度は各地にあるが、公民館講座も含めた幅広い制度はおそらく県内初。今は新型コロナウイルスの感染予防が最優先で、多くの催しが中止になっているけれど、地域活動に出て健康長寿を目指そう-という趣旨に理解を。老人会の花壇づくりなど少人数で参加できそうな活動もポイント対象になる」と呼び掛けている。
 同制度は町議会や老人クラブから提案があり、事業化した。12月31日まで試行し、効果を検証する。対象年齢を引き下げ、40代からの健康づくりの仕掛けも検討するという。
 商品券が使える事業所は現在、ツルヤ小布施店、アメリカンドラッグ小布施店、ドラッグコスコ小布施店、あけびの湯、穴観音の湯、穀平味噌醸造場の6店。町健康福祉課福祉係☎026-214-9108。町社会福祉協議会☎026-242-6665。
 ◇対象事業 脳リフレッシュ教室 料理教室 クリスマスコンサート お茶のみサロン 老人会各支部活動 ゲートボール大会 人間ドッグ ウオーキング教室など各種

 

TOPへもどる