須坂新聞WEBサイト 「須坂えびす講」が中止に~関連イベントも軒並み~秋の風物詩コロナ禍で
須坂新聞
今日は何の日
9月21日(月)
●敬老の日
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」国民の祝日。1966(昭和41)年から国民の祝日「敬老の日」になりました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
「須坂えびす講」が中止に~関連イベントも軒並み~秋の風物詩コロナ禍で(2020.09.12)

 毎年11月1~3日に開催、秋の風物詩として親しまれている「須坂えびす講」の実行委員会はこのほど会合を開き、新型コロナウイルス感染防止のため、今年のえびす講は中止することを決めた。

 実行委員会は須坂商工会議所、須坂市 商店会連合会、西宮神社奉賛会、須坂工業振興会などで組織。会合では出席した14人が「大変残念だが、中止はやむを得ない」との意見で一致した。なお、誘客を伴わない西宮神社の祭事は実施する。
 須坂市商店会連合会の「えびす講大売り出し&福引き」、須坂商工会議所青年部の「ジュニア・エコノミー・カレッジ」と「フリーマーケット」、須坂商工会議所女性会の「秋店フェスタ物産販売」も中止する。
 また、毎年えびす講に合わせて、近隣施設などで同日に開催していたイベントのうち、須坂クラシック美術館の「きもの日和」、笠鉾会館の「いにしえの祇園祭」、旧小田切家住宅の「文化のまなざし」も中止する。
 銀座通りで開催していた「うまいもん市」(実行委員会主催)と旧小田切家住宅で開催していた「うまいもん祭り」(実行委員会主催)は近日中に開催可否を決めるという。

 

TOPへもどる