須坂新聞WEBサイト 人生豊かに、日常楽しくを体験~百々川緑地でアウトドアイベント
須坂新聞
今日は何の日
11月25日(水)
●ハイビジョンの日
郵政省とNHKが1987(昭和62)年に制定。 ハイビジョンの走査線の数が1
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
人生豊かに、日常楽しくを体験~百々川緑地でアウトドアイベント(2020.10.24)

 アウトドアライフスタイル推進協議会(山崎晶之代表)は先ごろ、臥竜公園百々川緑地(百々川右岸)を会場に「アウトドアライフスタイル・アンド・フィール須坂」と題するイベントを開いた。

 3シーズン(春~秋)や四季に対応するテントからキャンピングカーやトレーラーハウスまで展示。ハンモックでくつろぐ時間を提案し、アウトドアに必要な道具の知識を提供。廃材を活用した木工体験や、焼きたてピザなど味わった。
 会場は、キャンプ・アウトドアグッズ、キャンピングカー・テント、ワークショップ、ライフスタイル、マルシェ、フード、フリーマーケットなどの区分で交流を楽しんだ。
 山崎代表は「イベントを通じていろんな人とつながれる。アウトドアは敷居が高いと思っている人が多いが、アウトドアテイストを取り入れてもっと日常を自由に楽しく、人生を豊かにできることを伝えたかった。ガーデニングもアウトドア。庭のバーベキューも、たき火も日曜大工も。そこからステップアップすればいい。テントも椅子もテーブルも、買うのは簡単だが、作る楽しみもある」。
 初心者や興味のある人には「テントもいろんなタイプがあるので経験した方がいい。組み立ては簡単にはできないが、慣れると一人でも立てられる」とアドバイスした。
 臥竜公園の活用については「公共施設は人が集まれる。知名度のある臥竜公園は、県外からも人が訪れる、呼べる拠点としての使い方ができる。いい公園だ」と指摘した。
 今イベントは、事業名「臥竜公園一帯を活用したアウトドアイベントによる観光誘客事業」。令和2年度県地域発元気づくり支援金の助成を受けた。実行委員3人。NOC(ナガノアウトドアクラブ)とたすけ塾が協力した。

 

TOPへもどる