須坂新聞WEBサイト ポップなチョークアート+α~須坂市立町の小泉和喜子さんがアトリエ10周年記念で初の個展
須坂新聞
今日は何の日
11月25日(水)
●OLの日
働く女性の異業種間交流サークル「OLネットワークシステム」が1994(平成6)年に制定。 1963(昭和38)年、はじめて「OL」という言葉が女性週刊誌『女性自身』に載りました。 以前は、職場で働く女性のことを「BG(business girl)」と呼んでいましたが、この言葉がアメリカの隠語で「商売女・娼婦」という意味があることがわかり、1963年9月12日にNHKが放送禁止用語としました。これに代わる言葉を『女性自身』が募集し、「OL(office lady)」という言葉を1963年11月25日発売の号から使いはじめました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
ポップなチョークアート+α~須坂市立町の小泉和喜子さんがアトリエ10周年記念で初の個展(2020.11.14)

 アトリエ教室「チョークアートの花々堂」を主宰する小泉和喜子さん(41、須坂市立町)は19~24日、ギャラリータカハシ川中島(額縁のタカハシ川中島本店2階=長野市川中島町原)で、10周年記念個展「Chalk  art+α」を開く。

 須坂を題材にした横60cm×縦90cmのチョークアート3部作「SUZAKA」(2013年)をはじめ、マーカーアート、似顔絵など、異なる作風の大小約30点を展示する。個展は初めて。
 夫の故郷須坂市への移住を機に2010年秋、「チョークアートの花々堂」を立ち上げた。モニークチョークアート協会の認定講師として、プロ資格の養成コースも開講している。
 チョークアートは特殊な塗料を塗った黒板に、オイルパステルで絵や文字を色鮮やかに描く手法。カフェやレストランのメニュー看板、ウエディングボード、インテリアなどとして須高地域でも人気が高まっている。
 今回展示する作品の一つ『SUZAKA』は、八町きゅうりや村山早生ごぼう、リンゴ、ブドウといった須坂の名物を入れてデザインし、ポップに仕上げた。
 小泉さんは「須坂に来て10年。今後さらに地域での活動の場を広げていきたい。節目の初個展では、いろいろな方にチョークアートを見て、楽しんでほしい」と話している。
 午前10時~午後6時(初日は午後1時から、最終日は3時まで)。期間中は、子どもから大人まで楽しめる少人数完全予約制のワークショップ(1時間半程度、材料費込み2,700円)がある。花々堂☎026-405-6670。hanahanadow@gmail.com

 

TOPへもどる