須坂新聞WEBサイト 【信州須坂移住支援チーム】移住相談600組超える~7年目で移住184人
須坂新聞
今日は何の日
1月26日(火)
●文化財防火デー
1949(昭和24)年、日本最古の壁画が描かれた奈良の法隆寺金堂が火災により焼損しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【信州須坂移住支援チーム】移住相談600組超える~7年目で移住184人(2021.01.09)

 信州須坂移住支援チーム(須坂市政策推進課内)は、平成26年4月の発足から令和2年12月末までの間に延べ611組の移住相談に対応した。

同チームのサポートは7年目。市外から市内への移住者は1月7日現在、184人(家族含む)に。令和2年度(4月~12月末)は25人で前年同期比7人増(前年比139%)。コロナ禍の本年度はオンライン相談が4月以降現在まで86組161人(対面の前年は72組109人で前年比119%)。
 同チームは市空き家バンク事業を運営している。県宅地建物取引業協会長野支部と平成26年8月に「空き家バンクに関する協定」を締結。空き家を売買・賃貸したい人(所有者等)に物件の登録をしてもらい移住希望者の住居に提供している。
 昨年12月末現在、89件が登録。85件が成約(成約率96%)。現在バンク掲載は4件。成約は令和2年度(4月~12月末)7件(前年同期12件、前年比58%)。バンク利用者登録は令和2年度(同)23件(前年同期12件、前年比192%)。バンク物件登録は令和2年度(同)5件(同11件、45%)。
 同チームは「都会から移住者を迎え、空き家解消に一定の成果を挙げている。コロナ禍で地方へ目が向けられている。が、空き家バンク掲載物件は現在4件で、移住を検討する移住希望者に十分とはいえない状況だ」。
 物件の新規登録が減った理由として「コロナ禍で空き家バンクに相談に行けない」「東京から片付けに行けないので家の処分の目途が立たない」などが寄せられているという。
 コロナ禍の本年度、移住体験ツアーに代えて、同チームが手作りした移住者向け須坂紹介動画(ユーチューブ配信、各1分~3分)は65本。再生回数は7日現在17,000回ほど。移住者体験談のメルマガ発信は7年間で114人に上る。
 「普通に暮らすための情報発信に努め、転職移住に力を入れている。相談者への情報提供に役立っている」

 

TOPへもどる