須坂新聞WEBサイト 長野ガロンズ4連敗で6位~前週から二つ後退
須坂新聞
今日は何の日
3月6日(土)
●スポーツ新聞の日
1946(昭和21)年、日本初のスポーツ新聞『日刊スポーツ』が創刊しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
長野ガロンズ4連敗で6位~前週から二つ後退(2021.02.13)

 バレーボールVリーグ2部(V2)男子は6、7日、神奈川県などで第13週7試合が行われた。

 須坂市を拠点にV2の3季目(Vリーグ5季目)を戦う長野GaRons(ガロンズ)は埼玉アザレアに1―3で敗れた。4連敗で通算6勝6敗。前週から順位を二つ下げ6位に後退した。
 序盤から一進一退の攻防となった第1セットは中盤に高瀬、福池選手を中心とした攻撃で得点を重ね、14―10から点の取り合いを制し先取した。第2セットは立ち上がりに酒井、高瀬選手の攻撃などで点差を広げたが、速攻やブロック、サービスエースなどで逆転を許すと、最後は連続バックアタックを決められ奪い返された。
 第3セットは5連続失点などで許したリードを中盤に2点差まで追い上げる粘りを見せたが、終盤の連続失点で再び引き離され連取されると、第4セットは中盤まで点の取り合いになったが、12―12からの8連続失点が響き、セットカウント1―3で敗れた。
 篠崎寛監督は「スタートは良い形で進めることができたが、第2セットの勝負所でミスが出ると、全体に悪い流れになってしまった。何とか修正を試みたが、細かいミスが出て、得点につなげることができなかった」と悔やんだ。
 次戦の13、14日は今季のホーム最終戦となる。篠崎監督は「有観客で行う予定なので、ファンの皆さまに良いプレーをお見せできるように頑張りたい」と話している。

 

TOPへもどる