須坂新聞WEBサイト 【小布施町2021年度予算案】子育て環境整備など52億円~過去2番目の規模
須坂新聞
今日は何の日
4月21日(水)
●民放の日
日本民間放送連盟(民放連)が1968(昭和43)年に「放送広告の日」として制定。1993(平成3)年に「民放の日」に改称しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【小布施町2021年度予算案】子育て環境整備など52億円~過去2番目の規模(2021.02.27)

 小布施町は24日、総額52億2,500万円の2021年度一般会計当初予算案を発表した。

 前年度比7.2%増、1995年の55億円超に次ぐ過去2番目の予算規模となった。初の予算発表に臨んだ桜井昌季町長は「台風19号、コロナ禍という2つの大災害から得た経験を踏まえて、子育て環境や高齢者福祉の充実、防災強化など生活基盤を固めて安心安全な地域づくりに取り組む」と方針を語った。
 子育て環境の新規事業として、小・中学校の特別教室にエアコンを設置、計5,014万円を盛った。特別支援教育では相談体制、施策の充実を図る。
 学習環境整備の新規事業として、トレーニングセンターの大規模改修工事に2,614万円、歴史民俗資料館の模様替えに116万円を盛った。まなぷらん(町生涯学習基本構想)の見直し、中学校部活動の地域スポーツクラブ活動への移行などを検討する(仮称)OBUSEスポーツ未来会議開催など。
 福祉面では母子・子育て世代の心の相談支援体制の充実を図る。
 産業創出の新規事業として、おぶせガイドセンター修繕工事に1,103万円を盛った。施設・環境整備の充実で観光案内、小布施文化の情報発信基地としての役割を強化。 
 防災面では災害被害を最小限に抑えるため国土強靭化計画を策定、千曲川河川敷で大型土のうを設置する。
 歳入は町税が前年度比4.3%減の10億7,025万円。新型コロナウイルスの影響による減収を考慮。地方交付税は6.6%増の16億7,400万円。ふるさと応援寄付金は42.9%増の5億円を見込む。町債は14.5%増の3億3,420万円。

 

TOPへもどる