須坂新聞WEBサイト リトルリーグ信越春季大会東北信予選~須坂・小布施リーグが銀メダル
須坂新聞
今日は何の日
6月14日(月)
●日記の日
1942(昭和17)年、ユダヤ人の少女アンネ・フランクによって「アンネの日記」が書き始められました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
リトルリーグ信越春季大会東北信予選~須坂・小布施リーグが銀メダル(2021.05.15)

 リトルリーグ(少年硬式野球)の信越春季大会東北信ブロック予選はこのほど、東北信地区の各会場で行われた。

5チームが総当たりリーグ戦を行い、須坂・小布施リーグが3勝1敗で準優勝した。須坂・小布施は東北信地区の第2代表として、今月16、23日に中信地区で開かれる信越春季大会に挑む。
 東北信予選は3日間で4試合を戦った。
 須坂・小布施は初戦の望月を22―0(三回コールド)で完封。第2戦の長野南は1―9の劣勢から二回に一挙8得点し同点に追い付くと、四回に3点を勝ち越し12―9で逃げ切った。第3戦の上田は1―3の三回に4点を挙げ逆転すると、四、五回にも加点し12―3で勝利した。全勝対決となった最終戦の上田南は0―10で敗れ、優勝は逃したが、銀メダルに輝いた。
 宮澤賢吾監督は「相手のミスもあったが、打線がつながって点を取れたし、守備も最終戦までノーエラーと、冬場からやってきたことが大会で結果として出てくれてよかった。特に逆転勝ちした2試合は負けていても諦めない集中力の強さを感じた。精神的にも強くなってきている」と選手たちをたたえた。
 信越春季大会は東北信、中南信、新潟の各地区代表9チームが全国や東日本大会への出場を懸け、予選リーグと決勝トーナメントを戦う。宮澤監督は「今回はあくまでも予選。目指すところは信越大会でメダルを取ることなので、メダルに近づけるように練習して本番に臨みたい」と意気込んでいる。
 〔須坂・小布施リーグ〕▽選手 宮澤功哉(主)=小布施中1  赤塩汰弛=東中1 原口大梧=墨坂中1 山口慶起=常盤中1 檀原慶太朗=東北中1 堀内暖心 中島颯佑=以上相森中1 黒岩純羽 小林優真=以上高甫小6 池田陸飛=栗ガ丘小6 中村太郎=日野小6 神戸聖音=森上小6 村山祥野=豊洲小6▽会長 関野芳秀▽監督 宮澤賢吾▽コーチ 赤塩孝祥 関野則希 檀原浩 駒津戒英▽父母会長 中村敦▽婦人部長 神戸みち代

 

TOPへもどる